サイクリングでRELAXIN' あるいは 週末の開田高原

Smooth Hound の馴らし走行

昨日と今日、近隣を計50Kmほど馴らし走行してみました。基本的には平地ばかりですがなるべく上り坂も選んでの走行です。この車はホイール20x1.50、チェーンホイール55/44、カセット11-32Tで構成されています。舗装路をツーリングするには不自由のない仕様に思われます。

ハンドルがBiologic Handlbarというものなのですが、上から見ると「M」のかたちをしています。このハンドル、ゆったり走るのには良いのですが、気合いをいれて走ろうと思うと一番深い部分しか握る場所が無くちょっと疲れそうです。

バーエンドコントロールによる変速は小気味よく快適なものです。ブレーキのスピードコントロールは今ひとつですが制動は確かです。

明日は東濃地区を50Km程度サイクリングするのですが、ランドナーに混じってのツーリングでこの車の可能性を試してみようと思います。まだ泥よけを装着できていないのが残念といいますか、ちょっと心配です。


f0124378_2123382.jpg



f0124378_2143246.jpg
[PR]
by ninjiny | 2009-01-24 21:05 | 自転車 | Comments(2)
Commented by こじま at 2009-01-25 21:02 x
良い感じで坂を上ってましたね。
私のBSM18では、あんな走りはできないかも?
Commented by ninjiny at 2009-01-25 22:48
いやー、寒かったり暑かったりで忙しい楽しいツーリングでしたが、とっても楽しかった。フロントのインナーを40〜42にしても良いようなコースだったなあ。
DAHONもドロップハンドルにすればもっと使い物になりそうなのでヨガッター。